利用ガイドに「安全」に関する項目を追加しました。
小板まきばの里 フロントデスク

区画案内

それぞれのサイト・区画がキャンプ場の中のどのような位置にあるかの案内です。
予約はサイト・区画を指定して行いますので、この案内を参考にサイト・区画を決めて予約してください。

なお、当施設は常時整備・拡張中しています。新たなサイト・区画が増えたり。区画の周りの環境の変化や、区画そのものの変化もあります。予約の前に、「利用にあたってのお知らせ」や本ページの一読をお勧めします。


キャンプ場ロケーションイメージ

湿原(耕作放棄地)から山麓(臥竜山山麓)に向けて(東から西方向に)景観が広がります。

大規模林道の道幅は7mありますが、交通量は、感覚ですが、平日の日中で1時間に3台、休日で6台ぐらい。夜間は1時間1台程度です。

また、キャンプ場より大規模林道のほうが人の背丈以上の上の高さにあるため、キャンプ場から林道が視野に入りません。

ハンノキサイト、ミズキサイトは造成中(2021年4月末供用開始予定)で、現在飯場サイトとして暫定利用中です)。


サイトロケーションイメージ

個々の区画の位置を示したローケションイメージ図です。

区画名は、例えば、ドングリサイトの①の場合は「ドングリ1」となります。また、ヤマザクラサイトの③の場合は「ヤマザクラ3」となります。


ドングリサイト

ドングイサイトの概ねの区画の形です。

図中の木を表す円は、木の枝ぶりではなく、木の根元でテント等が張れない部分を示しています。枝ぶりは、木にによりますが、円よりかなり大きくなります。

区画内に自動車1台またはオートバイ2台の駐車ができます。

 


ドングリ1は他の区画より湿原側の景色の広がりがすくないですが、夏はほぼ終日木陰になります。ドングリ2・3は、湿原側の景色が一番開けています。
ドングリ2は、区画内の木により施設内道路に向けてプライベート感があります。
ドングリ3は、最もレイアウトに自由度があります。
ドングリ4は、北側に向けてテントの開口部を向けると、プライベートキャンプ場のような雰囲気になります。また、午後最も日の当たる区画となります。


ヤマザクラサイト

ヤマザクラサイトの概ねの区画の形です。

図中の木を表す円は、木の枝ぶりではなく、木の根元でテント等が張れない部分を示しています。枝ぶりは、木によりますが、円よりかなり大きくなります。

ヤマザクラサイトは区画内に駐車できません。図にある指定駐車スペースに駐車願います。区画NO2は前の道路に車両を停めて荷物の出し入れが可能です。

 

 


飯場サイト

図にある造成中の場所の空エリアをテントサイトとして開放しているサイトです。2021年4月末からハンノキサイト、ミズキサイトとして供用開始する予定です。

作業状況によりテントを設営できる場所が変化するため、フリーサイトの運用となります。

ドングリサイトと整備中の場所の間のところまで車両を入れての荷物の出し入れができます。

2輪はテント設営場所に、4輪はスタッフの指示に従い離れた場所に駐車することになります。

ハンノキサイト・ミズキサイト

現在、上記飯場サイトとして暫定利用中の場所です。2021年4月末より供用開始予定です。

ハンノキサイトは2区画の広々草タイプのサイトです。オートサイトで車を区画内に停めます。

ミズキサイトは3区画のてくてく草タイプのサイトです。ハンノキサイトのところまで車を入れてあとはリヤカーで荷物を運び入れます。駐車場所はハンノキサイトやドングリサイトなどの駐車エリアになります。


湿原側から見たロケーションイメージ

サイトロケーションイメージにある「湿原から見たロケーションイラスト」からみたロケーションイラストです。

樹木のイラストは高低差の前後関係が視覚的にわかりやすいようにするために配置しています。実際の樹木はもっとあり、仮称:ひょうたん山などは樹木に覆われています。


断面イメージ図

サイトロケーションイメージにあるA~Cの断面イメージ図です。

どのサイトも、湿原のほうが低く、湿原・山麓方向に景観が広がっています。